Rendering学習日記

日々3DCGの世界は進歩しているけど、勉強して理解したことをまとめていきたい。RenderMan互換レンダラーやグローバル・イルミネーション。いろんなことに好奇心を持ち面白くなってくる。目指せShader書き!!

VirtualBox Guest Additions for CentOS 6.3

Forumsリンクが切れそうなんで転載します。Building the OpenGL support moduleで失敗になる修正パッチ
VirtualBox guest additions (4.1.18) won't build properly for CentOS 6.3. The patch Thank you.



--- vboxvideo_drm.c.original 2012-07-10 08:26:22.000000000 +0200
+++ vboxvideo_drm.c 2012-07-10 08:34:06.000000000 +0200
@@ -67,6 +67,9 @@
# if RHEL_RELEASE_CODE >= RHEL_RELEASE_VERSION(6,1)
# define DRM_RHEL61
# endif
+# if RHEL_RELEASE_CODE >= RHEL_RELEASE_VERSION(6,3)
+# define DRM_RHEL63
+# endif
# endif
# endif

@@ -85,7 +88,7 @@
return 0;
#endif
}
-#if LINUX_VERSION_CODE >= KERNEL_VERSION(3,3,0)
+#if LINUX_VERSION_CODE >= KERNEL_VERSION(3,3,0) || defined(DRM_RHEL63)
/* since linux-3.3.0-rc1 drm_driver::fops is pointer */
static struct file_operations driver_fops =
{
@@ -109,7 +112,7 @@
.get_map_ofs = drm_core_get_map_ofs,
.get_reg_ofs = drm_core_get_reg_ofs,
#endif
-# if LINUX_VERSION_CODE < KERNEL_VERSION(3,3,0)
+# if LINUX_VERSION_CODE < KERNEL_VERSION(3,3,0) && !defined(DRM_RHEL63)
.fops =
{
.owner = THIS_MODULE,


プログラミング | - | -

ファイル名を大文字から小文字に変換する

Linux CentOSでカレントディレクトリのファイル名を大文字から小文字に変換した。

$ for f in * ; do mv $f `echo $f | tr A-Z a-z`; done

ありがとうございます。
プログラミング | - | -

Mapyrus Version 1.102

ちょうど、「入門HTML5 プログラミング」を購入して読んでたところで、IE9にバージョンアップ、SVG表示ができるようになったので、いろいろと試してみようと探していたら、面白いもの発見しました。
スクリプトを書いて、ベクトルデータを表示するjava jarのファイルです。
何と読むのでしょう。Mapyrusちょっとだけスクリプトを入力して描画させてみました。
出力フォーマットが
EPS,SVG,PNG,そしてPDFに対応。2011年5月でたVersion 1.102からPDF出力してくれます。
http://mapyrus.sourceforge.net

newpage "pdf", "tutorialfirst1.pdf", 30, 30
color "indigo"
linestyle 4, "round", "round"
move 5, 20
draw 20, 20, 5, 5, 20, 5
stroke

と書いたスクリプトをtutorialfirst1.mapyrusと名前を付けて保存し、

>java -classpath mapyrus.jar org.mapyrus.Mapyrus tutorialfirst1.mapyrus

で実行すると、tutorialfirst1.pdfが出力されます。
tutorialfirst1.png
↑上記、newpage "png", "tutorialfirst1.png", 30, 30で出力しました。

>java -classpath mapyrus.jar org.mapyrus.Mapyrus

で実行すると、GUIが出てきて、スクリプトを入れてLOGOライクに遊べる。
これは、教材ネタとしていろいろとできますね。

専用のサーバ持ってて、ちょっといじってみる、
>java -classpath install-dir /mapyrus.jar org.mapyrus.Mapyrus -s 8410
で、MapyrusのHTTP Server起動します。

http://localhost:8410/tutorialhttpserver1.mapyrus

とやると、mapyrusのベクターグラフィックスが描画されます。IE9でなくても大丈夫なんで、遊べます。ありがとうございます。
プログラミング | - | -

java実行時のエラー??

java.net.URLClassLoader$1.run(Unknown Source)

これは、やられました。ありがとうございます。
以下、OKwaveより引用、ありがとうございます。

javaはコンパイルすると、クラスファイルができます。
そのクラスファイルを実行するので、
クラスファイルがある場所(ディレクトリ)で(今回だとLuckyNo.class)、
java -cp . LuckyNo
として実行してください。
(.があるので見逃さないでくださいね.はカレントディレクトリを示します)


まだまだ勉強足りません。
チュートリアルをやって、確認していくのが大切ですね。
javaの資料はたくさんあってありがたい。
くりかえし、くりかえし、学習します。
Exception in thread "AWT-EventQueue-0" java.lang.IllegalStateException: No compression type set!
at javax.imageio.ImageWriteParam.setCompressionQuality(Unknown Source) at net.falappa.imageio.ImageViewerPanelSaveAction.writeToFile(ImageViewerPanelSaveAction.java:142)
at net.falappa.imageio.ImageViewerPanelSaveAction.actionPerformed(ImageViewerPanelSaveAction.java:127)
at javax.swing.AbstractButton.fireActionPerformed(Unknown Source)
at javax.swing.AbstractButton$Handler.actionPerformed(Unknown Source)
at javax.swing.DefaultButtonModel.fireActionPerformed(Unknown Source)
at javax.swing.DefaultButtonModel.setPressed(Unknown Source)
at javax.swing.plaf.basic.BasicButtonListener.mouseReleased(Unknown Source)
at java.awt.AWTEventMulticaster.mouseReleased(Unknown Source)
at java.awt.Component.processMouseEvent(Unknown Source)
at javax.swing.JComponent.processMouseEvent(Unknown Source)
at java.awt.Component.processEvent(Unknown Source)
at java.awt.Container.processEvent(Unknown Source)
at java.awt.Component.dispatchEventImpl(Unknown Source)
at java.awt.Container.dispatchEventImpl(Unknown Source)
at java.awt.Component.dispatchEvent(Unknown Source)
at java.awt.LightweightDispatcher.retargetMouseEvent(Unknown Source)
at java.awt.LightweightDispatcher.processMouseEvent(Unknown Source)
at java.awt.LightweightDispatcher.dispatchEvent(Unknown Source)
at java.awt.Container.dispatchEventImpl(Unknown Source)
at java.awt.Window.dispatchEventImpl(Unknown Source)
at java.awt.Component.dispatchEvent(Unknown Source)
at java.awt.EventQueue.dispatchEvent(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.pumpOneEventForFilters(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForFilter(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.pumpEventsForHierarchy(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.pumpEvents(Unknown Source)
at java.awt.EventDispatchThread.run(Unknown Source)

いろいろやってみてから、聞いてみよう。ありがとうございます。
プログラミング | - | -

LOGOの本

すっかり入手が難しくなったLOGOプログラミングの本。古い順にまとめてみました。
勉強になります。いろいろとチャレンジですね。
図書館で検索しているところです。
ありがとうございます。

『人工知能入門』長尾 真 (翻訳), A.Bundy著、近代科学社 1981.12

『マインドストーム』シーモア・パパート 著、奥村貴世子訳、未来社 1982.11.20

『LOGOプログラミング入門』矢矧晴一郎著、工学図書 1983.7.1

『LOGO BOOK』阿部摂子著、蠖卦元社 1983.11.15

『Logo〜タートル・グラフィックスへの招待〜(マグロウヒルコンピュータシリーズ)』ダニエル・ワット著、マグロウヒル出版 1983.11.30

『はじめてのアップル・ロゴ』デヴィッド・D・ソーンバーグ著、啓学出版 1983.12.20

『Logo〜ロゴと初めて出会う本〜』阿部摂子著、ソニー・マガジンズ 1983.12.21

『Logoハンドブック〜ことばあそびとリスト処理〜』三宅なほみ著、ソニー・マガジンズ 1984.3.21

『入門・LOGOの世界』長島一雄・七海智生著、エー・アイ・ソフト 1984.5.31

『パーソナルコンピュータによるLOGO入門』安居院、白井共著、オーム社 1984.6.20

『FMLogoガイド(V1.0)〜FM-7/FM-NEW7〜』須藤智香著、共立出版 1984.7.15

『パソコンLOGOプログラミング』小谷善行著、東海大学出版会 1984.7.30

『Dr.Logo活用ブック』ソニー 平山智史 デジタルリサーチジャパン 共著 1984.8.18

『Logo 〜人工知能へのアプローチ〜』祐安重夫著、ラジオ技術社 1984.11.25

『絵で見るLogo入門〜FMシリーズ パソコン〜』緒方健二著、誠文堂新光社 1984.11.30

『人工知能による学習革命〜学校教育とコンピュータ〜(HSB integrated libraries)』ティム・オシエイ・ジョン・セルフ著、HBJ出版局 1984.12.12

『やさしいLOGO入門』ピーター・ロス著、啓学出版 1985.1.10

『やさしい人工知能言語』西脇信彰、工学図書 1985.2

『LOGO -エーベルソンのLogo入門-』ハロルド・エーベルソン著/五藤博義訳、啓学出版 1985.3.30

『ビギニングLOGO』石井悟著、産業報知センター 1985.4.20

『Logoコマンドブック』GEODESIC著、誠文堂新光社 1985.4.20

『LOGOトレ-ニングブック』FM Logo Ver.2.0 Software technology 4 ロジカLogo Tool Kit開発チ-ム‖著 技術評論社 1985.5

『パソコンのためのロゴLogo』 M.レッサー著、啓学出版 1985.11.25

『やさしいAI言語LOGO入門〜X1・X1turbo〜』鵜沢幹夫著、日本能率協会マネジメントセンター 1986.9

『LOGO入門』 川野洋著 培風館 1987.3

『パソコン推論システム〜BASICとLOGOによるAIアプローチ〜』M.チャドウィックほか著、啓学出版 1988.5

『LOGO空間プログラミング』小谷他著、岩波書店 1990.1

『LOGOと学習思考』本田成親著、JICC出版局 1992.2

『ロゴであそぼう (ぼくらのパソコンライブラリー 8)』町田彰一郎著、岩崎書店 1993

『日本語Logo入門』芹沢浩、森北出版 1994.8

『科学であそぼう 13 コンピュータに教えよう』小谷善行・黒崎玄、岩波書店 1997.10

『Logoで知る認知科学』正田良著、東京電機大学出版局 1999.1

『非集中システム』 Mitchel Resnick (著), 山本 順人 (翻訳), 西岡 知之 (翻訳) コロナ社 2001.8

『StarLogoプログラミング』 斎藤 実 (著), 須藤崇夫 (著), 堀口真史 (著), 本郷 健 編著 (編集) 東京電機大学出版局 2009.10.30
プログラミング | - | -

Eclipseのプロジェクトのコピー

ビルドしても、exeはコピー元の名前のまま。Cのファイル名とプロジェクト名を変更しても、実行ファイル名が変わらない。
いろいろと調べたら、C:\workspaceのプロジェクトのフォルダの中に、.projectと.cprojectがあって、エディタで開いて編集する。変更した名前に置換しました。

一度Eclipseを終了してから、プロジェクトを開きなおし、クリーンして
再度ビルドして、できあがり。ありがとうございます。

あまり触らないEclipseですが、Luaの勉強中です。
プログラミング | - | -
1/1